忍者ブログ
このページは本館テナガWebの一時避難所です
[67]  [285]  [747]  [284]  [66]  [65]  [745]  [282]  [64]  [63]  [744
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日の、坊主釣行のご報告です。長文になります。

【場所】
六郷土手テトラ帯、六郷水門

【時間】
9:30〜13時

【天気】
晴れ時々くもり

【釣果】
ハゼ2匹

023まず釣果ですが、ハゼを2匹釣っただけでテナガはゼロ!です。撃沈でした。
1つ目の画像のように晴天な日でしたが、時々くもり空になり「ラッキ〜♪」とか思っていると、すぐに陽が射すという繰り返し。
そしてテナガ狙いの釣り師は自分独りでしたエエ。

いつものポイントへ入ろうかな?と思ったら、そのポイントで投げ竿3つを出している方がいました。どうやらウナギを狙っているご様子。
少し先へ場所移動。

024テトラの上に立って愕然・・・。
めっちゃくちゃ濁っています。画像は真上から見たテトラの穴です。
台風の影響があり濁りは多少あるかな?と思っていましたが、これ程とは・・・・・。水中が全く見えません。
テトラ帯での釣りは特に、「見て釣る」ことが重要になるので、テナガが居ない穴に仕掛けを落とすことになるかも・・・・と思ったら気が遠くなりました。

そのイヤンな予感は見事に的中。
落とす穴落とす穴、全てが空振り。一度だけ「ビビっ」とアタリがありましたが、虚しく時間が過ぎていきます。
「ココだ!!」と思った穴に落とすと根掛かりで、ムキーとなりながらも「我慢我慢・・・」と念仏を唱えて釣れることをイメージトレーニング。

先ほどのウナギおやじの方を見るとリーリング中で、竿がしなっています。
するとウナギが釣れていました!釣れているのは初めて見ましたが、いつかウナギ釣りもやりたいですね〜。イイなウナギ。うまそ〜。

025比較的濁りの薄い穴に落としてもダメで、このままではストレスだけ溜まる・・・と考え、思い切って六郷水門まで場所移動。
が!水門もご覧の通りの激濁り・・・・・。
年配の先行者がお一人だけ居て、その近くで実釣。
偏光グラス越しに、良型のハゼがビューンと泳いでいくのが見えます。こうなったらハゼを数釣りして、天ぷらにして食おうと決め込み、テナガ10%、ハゼ90%の比率に気持ちをチェンジ。

ちょこちょこアタリはあっても乗りません。
またまた時間が無駄に過ぎていきます・・・・。竿を二刀流にして、一本は置き竿にして再スタート。
数分後、その置き竿に8cmくらいのハゼが掛かってGET!ようやく生物を見た(笑)
これでやる気がググっと急上昇して、ハゼ大好き・・・という気持ちを高ぶらせましたが・・・・その後はまたダメで、デキハゼを1匹追加しただけ。

やる気がギュ〜ンとダウンし始めた時に、先行者の方が「どう?」と声を掛けてきたので「濁ってて釣りになりませんね〜」と返すと「昼過ぎなら濁りが取れているかと思ったけど、ダメだねぇ・・・・」と言いつつ、勝手にブクブクバケツを開けて覗いたので「・・・無礼な奴め・・」と思いつつ、にこやかに撤収(笑)

【まとめ】
ほんっとうにダメダメな日でした。
何をやっても釣れる気がしなくて、釣りでイライラすることはまず無いのですが、珍しくムキッとなった瞬間がありました(笑)
ただこの日が最悪だっただけで、多摩川はまだまだ釣れます!ハゼも濁りが取れれば爆釣でしょう。
9月下旬まではテナガも大丈夫なので、また時間を作って釣行しようかと思います。
PR
POST
name
title
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※管理者へのみの表示となります。)
COMMENT
TRACKBACK
trackbackURL:
Copyright © テナガWeb~避難所~ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics by 写真素材Kun * Material by Gingham * Template by Kaie
忍者ブログ [PR]