忍者ブログ
このページは本館テナガWebの一時避難所です
[357]  [139]  [138]  [819]  [356]  [355]  [817]  [354]  [136]  [816]  [353
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

本日の釣行、ご報告です。

結果から申しますと、頑張りましたが坊主です。すみません。
正確には1匹釣り上げているのですが、あっという間に逃げられたのでゼロカウントということで。

【釣行場所】六郷土手テトラ帯、六郷水門
【釣行時間】午前10:00〜お昼過ぎ
【天気】曇り、時々日差し
【エサ】赤虫、サシ
【釣果】ゼロ

001_3釣行場所は六郷土手、いつものテトラ帯と六郷水門。
天気は画像の通りドンヨリ曇り空で、時々日が差す程度で心配していた雨はナシ。気温高め。
予想していたことですが、雨上がりのテトラ帯はゴミが無茶苦茶いっぱいです。ちょっと早めに着いたので干潮に近く、そのゴミが水面をふさいでおり、いきなり釣りにならない状況でした。

002_1それでもゴミとゴミの隙間、ポカっと空いている場所を見つけて仕掛けを投入。水は激濁り。

30分が経過したころ、ツンッとウキが動きました。おお?と思って竿をクイっと上げると、単なる根掛かり。
物凄くリアルな引き具合だったのに(笑)

1時間近く経過してもその場ではアタリがなかったので、すぐ隣の昨年爆釣しまくった秘密のエビ穴へ仕掛けをポチャ。
しばらくすると「ツツツンッ」とウキが横移動!・・・でもこのアタリ、極小テナガのアタリでは・・・・??
いつものように針掛りするタイミングを計り、竿を上げると「ビビッ」と逃げる。
予想通り、極小テナガです。

その後もアタリが連続しましたが、どれも針掛りには及ばず!
これはダメだ・・・と諦めたのが、素揚げにしたらナイスなサイズのテナガでさえ、5分くらい放置して竿を上げても、まだモソモソと食事中だったことです。
シーズン中では考えられない食事の遅さに、その時点で諦めムードがムンムンでした。

003六郷水門もチェックしておきたかったので、徒歩で移動。
浮遊ゴミも少なく、水の動きもあり雰囲気はいつものように良さそうなのですが、仕掛けを投入しても無反応。

ここはチチブの猛攻に悩まされたりするのですが、それすら皆無・・・。時折、巨鯉がゆら〜っと現れてくるのが恐ろしい(笑)
画像のような場所も攻めてみたりしたのですが、まーったく反応なし。

途中年配の方に「この辺りではミドリガメも釣れるんですよ」と声を掛けられたのですが、「ミドリガメなんて釣れても困りますよね」と、当たり前だし、これ以上会話が続かないような返答しかできなくて、いかに自分のテンションがガタ落ちなのかが分かった瞬間でした。


ギリギリまで粘りましたがタイムアウト。

【まとめ】
今日はテナガ日和!!とか思っていたのですが、ダメダメでした。
ま、おそらく私がヘタクソというだけの話だと思います(笑)他のテナガ釣り師は見掛けませんでしたけど。

でも嬉しかった点が2つ。
1つは、稚魚や小魚がたくさん泳いでおり、これからの季節を予感させてくれたコト。
もう1つは、この時期のテナガの状況がよく分かったことです。

アタリがあったテナガは水面近くまで顔を出したのですが、2cm3cmの小さいものでした。
時々水面をはねたりもしていましたが、これがあと数回脱皮をして、シーズン中に程良いサイズとなり楽しませてくれるんだな〜と思ったら楽しみになりました。
これからできるだけ時間を見つけて釣行し、その時々のテナガ状況を観察できたらなと思います。
今月中にもう1回釣行したいな。
PR
POST
name
title
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※管理者へのみの表示となります。)
COMMENT
Copyright © テナガWeb~避難所~ All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog
Graphics by 写真素材Kun * Material by Gingham * Template by Kaie
忍者ブログ [PR]